新しいことやってみよう ー発汗房ー
どうも。実はさりげなく韓国かぶれな*りお*です。

今回は、発汗房にチャレンジしてきました。

そもそもは、温泉に行こうという事で集まったメンバーなんですが。
気づけば目的地が変更になりまして。ネタができたのでいいですが。

おじゃましたのは、こちら永楽のゆ
ここは、男女別の通常のお風呂(露天やジェットバス等)と全員で入れる発汗房の2部構成になってまして。両方あわせて1200円(休日料金)でした。

まず始めに、チケットを渡すと発汗房専用の館内着が借りられます。
タオルの様な生地で、汗をしっかりすってくれそう。これで汗をたくさんかくのね☆
と。わくわくしながら脱衣所へ。
あまりのわくわくっぷりに、前を進む友人につられて男湯ののれんをくぐりかけ、
血相を変えためがねっちに追い払われたなんて、恥ずかしくて誰にもいえません。

館内着は上が大きなポロシャツ、下が大きなハーフパンツ、のような形状をしていたのですが。
「これは下になにもきないものなのか・・・?」
友人Y木ちゃんとともに、上はつけない、とか、下ははいたまま、とか散々悩み、受付のお姉さんに質問した結果。「そうですねー。下着を着けてらっしゃるお客様もいますが、汗をたくさんかくので、つけない方がいいですよー。」うーん。そうなのかー。衛生上の問題とか、老若男女が一同に期す場所に・・・とかいろいろ考えてしまいました。
うん。なんか、どうでもよい事を書いてしまった気がします。

とりあえず館内着に着替え男性陣を待つ事40分。(後から聞いた話によると先にお風呂に入って毛穴を開いておいた方が美容によいらしい・・・。きづかなかった。はいっておけばよかったYO!)
暖かい石が敷き詰められた所に足をつっこむセラミック温石によってすでに汗が出始めていました。60℃くらいの岩塩浴で、ものすごい勢いで汗をかき、4℃くらいで雪が降っている雪風呂で一度クールダウンをし、40℃近い薬草岩盤温熱で、再度すごい量の汗をかく。というサイクルを体感してきました。

実際ものすごい暑いのですが、横になってしまえば意外に快適だったし、
あつーい状態の後の雪風呂はすごく気持ちよかったです。水分補給さえしていれば、ぐるぐる回ってほんとに体によさそう。ただし、休日だったので暑さよりも人の多さに、2サイクルくらいで断念しました。

その後、発汗房の前にお風呂に入り損ねた私とY木ちゃんは、1時間半ほどお風呂に入りました。いやー。お風呂もすごかった。まぁ、温泉成分はなさそうでしたが。種類が豊富でよろしい。
特に炭酸泉が面白くてずっと入ってふやけてました。
そしてなぜか、ほのかに香るごま油。近くに厨房があったのかな・・・?

とにかく大満足の、発汗房とおふろでした。

ちなみに、この記事を書くに当たって、発汗房が韓国の美容法だということを初めて知った私。
もっとちゃんと調べていればよかった・・・。どうりで食堂が妙に韓国をフィーチャーしてんなーと思ったはずだ・・・。
さらに調べたらば、どうやらここの食堂(今回は使用せず)はBSD系列らしいということ
ええええーーー。一度行きたいと思っていたお店なのに・・・。
どうりで、スンドゥブが美味しそうに見えたはずだ・・・・。

なにはともあれ、もう一度リベンジしたいところでした。
[PR]
by RinLingo | 2005-10-09 23:50 | 新しいこと
<< 土日に遊んでて更新できないなら... リンゴーン。ポロッ。リンゴーン... >>
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
カテゴリ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
プレステ
from プレステ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧