花嫁の手紙は反則だと思う
どうも。blogを更新するためだけにディナーの場所を漫喫にした*りお*です。

しかもその割に、どうしようもない漫画を読んでしまい結局月曜に書いている・・・。

土曜日は、結婚式に行ってきました。
今まで親族や友達の結婚式に出てて、なんだかんだで4回目だったわけですが。
まぁ、今回は諸事情も加わっていつもの倍ほど緊張ぎみ。
でもいつ見てもいいですねぇ。結婚式☆

今回は、なんと受付まで担当しちゃいました。
名前と住所を書いてもらって、(人前結婚式なので)誓約書にも名前を書いてもらって、
カラードレスの色あてクイズを答えてもらって、ご祝儀を頂いて、呈茶券を渡して・・・・。
一人にだいたい5分程度かかります。「一人ずつ来てもらわないと困っちゃうねぇ」などと、新郎側の受付さんとお話ししてたのですが。
新郎側のご友人がどどっと8名ほどご到着・・・。まぁ新婦側のご友人はいないし、私も手伝おう。大量のタスクも、処理部が2つあれば早くすむでしょ。などと、電波な例えを考えながらお手伝いしてたわけですが。
新郎側の受付さんが家族写真撮影のため退席。
大量のタスクを残したまま・・・・。

うんと。ちょっと本筋からはなれました。戻します。

とりあえず、全員そろって、チャペルに移動。
新郎が入場したのち、新婦が父親に付き添われて入場。そして、途中で新郎にバトンタッチ。
二人で、壇上に向かってゆくわけです。これってあれでしょ。
新婦が生まれて、両親と人生を共にしてきて、今ここで、父親から新郎へその役目が受け渡される。とかって意味があるんですよね。もう。それに感動。
エンゲージリング、純白のウェディングドレス、誓いのキス、その時新郎によって取り払われるベール。全てに意味があって。その意味を知りながら見てるとよりさらに感動。
和装の結婚式とか、神前結婚式とか、いろんなタイプの結婚式をみたけど、どれもこれも全てに意味が込められていて、全てがその二人を祝福していて、ほんとに結婚式ってすてき☆

披露宴も会社の人とか呼ばずに、友人ばっかりのもので、
アットホームな感じがしてとてもよかったのでした。
新婦さん、ほんとにきれぃだったなぁ。
末永くお幸せにね☆

ところで。やはり、友人として結婚式に出たいわけですが。
早く誰か結婚してくれませんかねぇ。
[PR]
by RinLingo | 2005-11-26 23:50 | 日々のこと
<< これで最後とは思いたくないなぁ 見た目だけじゃないと思うのです >>
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
カテゴリ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
プレステ
from プレステ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧