カテゴリ:旅すること( 3 )
国内旅行 ー下呂温泉ー
どうも。いい旅夢気分って感じの旅行が一番好きな*りお*です。

旅行行ってきました。下呂温泉☆
すんごくすんごく良かったです。温泉も暖かかったし、人もすごく温かかったし。
料理もたんまり食べてきました。おいしかったぁ・・・・(ハート
というわけで。旅行記を簡単につけてみましょう。いや。長くなりそうだけど。

今回は、バスで下呂まで行ってきました。
3時間だもん、近いよね。途中山道を通ってとってもきれいでした。
何より平日出発の影響か、乗車人数2組4名様ってのがよろしかった。
大型バスを広々と使えて、とってもよかったです。

【杉の子】*12月頃にサイトをリニューアルされるとのことです。
前々からネットで調べていて、絶対食べに行こうと決めていたお店。
営業時間が心配だったので、観光案内所に訪ねたところ電話で確認してくれて、ぎりぎりだったけど、予約までしていただけて、大感謝。タクシーで10分弱で行きました。
到着時すでに営業時間をすぎていたのですが、すごく親切にしてくれて、おかみさんがいろんな話を聞かせてくれてとっても楽しいランチタイムになりました。
それでね。ここで声を大にしていいたい。鶏ちゃん、すごく美味しい!!絶対行くべき!!!なんか「あまり有名じゃなくてね~。飛弾牛の串焼きにくらべちゃうとやっぱりまだねぇ」とおかみさんがおっしゃってましたが。ここ見た方。食べに行ってください。やみつきになりますから。にんにくと醤油のたれが、鶏にからんでキャベツが一緒に・・・。あ、よだれが。
「下呂に行ったら鶏ちゃんを」ハイ。復唱。
小ライスも頼んでください。それから、〆は焼きそばですよ。炭水化物オンザ炭水化物。これに勝る者はないです。

帰り道、雨が降ってきてしまって、まあぷらぷら歩いて帰ろうかと話していたところ。
ちょうど駅まで用事があったおかみさんと店主さんに車で送ってもらっちゃいました(>▽<)。
ほんとに、アットホームでおいしくて、心もお腹も大満足のランチタイム。滑り出し好調☆

それから、荷物をロッカーに預け、しばらくぷらぷらと下呂を散策。
以前に一回来た事があるので、そこはなれたもの。途中足湯で体を温めつつ、一路「栃の実煎餅」を求めて歩く事30分くらい。寒いはずが汗が出ます。さすが足湯効果。

【千寿堂】
ここでは、焼きたての栃の実煎餅が食べられます。おいしいの☆
合掌村の近くにあるお店で、概観もレトロな感じでとても良いです。
実は2日目も別の用事でこのあたりに来たので立ち寄りました。
んで。あれ飲んじゃいました・・・。ええっと。下呂牛乳
ええっと。正式名称は「濃いんやさぁ~。げろげろ下呂牛乳」・・・。
あ。でも美味しかったです。クリーム入ってるから濃厚というか甘くてよい。牛乳じゃなくて乳飲料でした。

さて。ぽてぽて歩いて帰ってきて。
旅館までのバスの時間が空いていたので、再度別の足湯へ。

【ゆあみ亭】
ここね。すごく良かったです。
お店の商品もすごくかわいいし。足湯に浸かりながら、温泉卵を作れるの☆
100円で卵を買って印を付けて、かごに入れて待つ事20分(すでにできてるやつなら5分)。
できあがったら、かわいい器とたれをくれるので、足湯に浸かってあつあつを食べます。
美味~☆いろんな種類の塩もあるらしく次回試したいなぁと思っております。
ちなみに、ここも2日目も来ました。おんたま食べたかったんだけどお腹に余裕がなかったため、豆乳を飲みましたよ。いろんなドリンクもあって、おしゃれでくつろげてよい所~☆

で。旅館に向かうわけです。

【湯之島館】
今回、同行者が無類のお風呂好きという事もあり、お湯がよいと有名な旅館にしました。
下呂の温泉街から少し離れた高台にあり、自然に囲まれた古風な旅館。
ええっと。ほんとに古い旅館でした(w。私たちは、新館(景山荘)に泊まったのですが、そちらもそこら中ぎしぎし・・・。でもね。それでもいいんです。雰囲気があって逆に。ハイ。
歴史を感じる木造の本館は、増築を重ねたのかすごく入り組んだ作りになっていて、それがまた風情あふれる景観になっています。ええ。迷いますけど。いろんな施設があって、全部ちょっと昔な感じで、ふらふら歩いてると楽しいのですが、たぶん部屋にかえってこれないです。今回は、仲居さんがとってもやさしくて元気な方で、いろいろホテル内の穴場を教えてもらっちゃいました。足湯とか、下呂の夜景が一望できる所とか、家族風呂とか。たぶん、教えてもらうか、うろうろ迷っているとたどり着ける・・・かな?とりあえず私には説明できないので、仲居さんに聞いてみてくださいな。

そして、お風呂☆すんごいよかった☆
やわらかい少しとろっとした感じで、すごくあったまる事ができます。
湯元という事もあって湯量たっぷり。お風呂も深いので肩までじっくり暖まれますよー。
ご飯もおいしい☆飛弾地方ならではの料理がいっぱいでよかった☆食べ過ぎましたけど☆
お布団もふかふかだし、朝風呂もいいし、朝ご飯もおいしいし。
朝散策したら、この季節は紅葉がとっっっっってもきれいでステキでした。
今が一番みごろだったのかもしれない。ほんとに真っ赤にそまってきれい!

施設が若干古いのと、おじいちゃんおばあちゃんしかいないという点は目をつぶれば。
とってもゆったりできるよい旅館でした☆

帰る日は、バスの時間までのんびりふらふら。
その日はお昼を突発的に有名なものにしてみました。

【菅田庵】
昨日に引き続き合掌村近辺のお店へ。
何を食べに行ったかというと。トマト丼
あぁ。私のサークルの人はほとんど食べられないだろうなぁ・・・。
飛弾牛とシメジを煮てご飯にかけた牛丼の上に、フレッシュトマトの角切りがどさっと・・・。
いや、これね。おいしいんですってば。いっけん意外性の有る組み合わせのようですが、ハヤシライスを想像して頂けたらよいかと。その材料が個々に主張をしている感じです。
ここのご主人が考案した商品らしく、今では新名物になってるようですよ。
古風なお店で、おかみさんがフレンドリーな方。食べるところも、火鉢があったり机も古くて、ちょっと前にタイムスリップした感じでとてもよいです。
たべましょうよ。トマト丼。いけますって。

美味しい料理たっぷり食べて、温泉にも5回入って、足湯も4回つかって。
体も心もぽかぽか。
観光案内の方や、杉の子のおかみさんや、湯之島館の仲居さんや、いろんな人にお世話になりました。暖かい人たちばっかりで。
下呂☆最高☆

ここで、みんなに感謝しておきます☆

というわけで、じゃっかん長めの感想でした☆
[PR]
by RinLingo | 2005-11-24 13:04 | 旅すること
国内日帰り旅行 ー香嵐渓ー
どうも。土日の方が平日より起床時間が早いのはいかがなものかと思案する*りお*です。

昨日は、サークルの友人7人と共に香嵐渓に行ってきました。
そのうち4人自分のブログで感想を書いていましたが、
誰一人として香嵐渓の紅葉の話に触れていない事に。
さすがだなぁと感心しているところです。

まぁ、私はノーマルに感想を書きます。

ええっと。香嵐渓は日曜に行ったので、渋滞がすごいかと思い、
朝早くに出発。お昼もとらずにいったらすんなりつけちゃいました。
香嵐渓って初っぱなから、焼きそばやらたこ焼きやら出店がいっぱいならんでて
ついつい買っちゃいそうになりますが。
橋を渡るまでがまんしてみましょう。
奥の方に一風変わった屋台がたくさんあります。
私たちもこれでもかと食べました。
・刀削麺・なんカレー・鮎雑炊・ごま団子・・・。
途中腹ごなしに「山盛り飯*」の頂上まで攻め、
・鮎の塩焼き・おしるこ・・・・。

あ。ちなみに、これ全部おひるごはんです。
晩ご飯はちゃんと別に食べました。びっくりドンキーでハンバーグ。
食べ過ぎですかね。でもいいんです。香嵐渓にきたんだからたべなきゃ。

で。それから、近くの温泉(香嵐渓 岩神の湯)に2時間くらい入りました。
山を攻めたおかげで汗かいて、冷えたので、とても温泉が気持ちよいです。
お風呂からでたら、男性陣は全員寝てました。
人数分のカラの牛乳瓶が置かれた机の周りに横たわる4人・・・。
ちょっと毒入り牛乳殺人事件の現場みたいでした。

帰りはドンキーに寄った後、しりとりをして帰宅。
いやー。楽しい旅行でした。

・・・・あ。
紅葉に触れるの忘れましたね。
ええっと。うーん。
ちょっとまだ早かったみたいです。それともこんくらいなのかな・・・。
去年は夜間のライトアップを見たのですが。
そっちの方がいいかも・・・。赤いライトで紅葉も5割り増しだし・・・


*正確には、「飯盛山(いいもりやま)」です。ああいう場所は、右から読むものなんだよね。
[PR]
by RinLingo | 2005-11-14 14:29 | 旅すること
再びイタリア村へゆく
どうも。ちょっとサザエさん症候群になりかけていかんと思っている*りお*です。


今日は「旅すること」というカテゴリにしては小さな内容ですが。
イタリア村に行ってきた事を書きましょう。イベントはイベントですから。うむ。

ええっと。めがねっちの生誕祝いを兼ねてイタリア村に行ってきました。
2週連続?!とかそういう疑問はなしにしていただきたい。

今日は、。先週のリベンジっちゅー事で、きちんと事前予約していきました。
ええ。実はあのチケット。バレエ用のチケットがそのまま、(次のイベントである)シチリア舞踏団用のチケットにはや代わりしまして。
これ幸いといってきたわけです。
(もう少し待てば、オペラのチケットになったかもしれないのだけど、さすがにやめました。)

で、そのシチリア舞踏団なわけですが。
予約時間までのショッピングの途中、陽気な音楽を奏でる人たちと遭遇。
ま・・・まさか・・・。この人たち・・・?
一般のお客様を交えて陽気に踊る彼らを見て、「お金払わなくてもみれたんじゃ・・・・」とか「本番でも一般客を巻き込むんじゃ・・・」とかいろんな思いが二人の間を駆けめぐった瞬間でした。

んで。時間になりレストランへ。海沿いに設置されたテラス通され、お食事スタートなわけです。が。寒い。めちゃめちゃ寒い
一応、厚いビニルシートで海風をさえぎっているわけですが、やっぱり外なので・・・。
席に用意されていた毛布を2人分つかい、もふもふになりながらのお食事でした。
あ。でもおいしかったですよ。フルコース?
前菜に始まり、魚介のスープ、タイのソテーバジル風味、フィットチーネ、子牛のフィレステーキ、ティラミス。うん、おいしかった☆寒かったけど☆

デザートと(無理を言って頼んだ)ホットミルクが届く頃、舞踏団のステージが始まりました。
実はあのチケット、SS席だったようで、丁度ステージの最前列ど真正面。
今回のダンスは、舞台上ではなく同じテラス上で踊る、すごい迫力のものでした。
ショッピング街で見た踊りの10倍ぐらいのスピードで踊る踊る。
なんていうか、早送りしたフォークダンスって感じでした。
男女のペアがぐるぐる変わって、ほんとよく転ばないなぁというのが正直な感想です。
結構ご年配のおじ様や恰幅のよいおば様の歌もたっぷり聴けたし。楽しい舞台でしたよ☆

あ。ちなみにやっぱり観客巻き込み型でした。
真正面だし、きたらネタにないい経験ができるなぁとか思ってたんですが。
どうやら隣でめがねっちが「絶対にくるな!」オーラを出しまくってたらしく、
残念ながら選ばれずでしたよ。
舞踏団にもかっこいい人が1人いましてね。その人と踊れたらいいなぁとか思ってたわけですけどね。うん。
え。だってしょうがないよね。
オーランド・ブルームとイライジャ・ウッドを足して2で割ってめがねをかけさせた感じの人だったんだもん。そりゃかっこいいっちゅうねん。
女性についてもめがねをかけた人ばっかり見てました。無意識でしたが。

とりあえず、とてもよい経験ができました!
ありがとうM野君!(このサイトの存在を知らないと思うけど!)
君からめがねっちへの誕生日プレゼントとしてこのチケットいただいたよ!!!



・・・いや、ちゃんとお金払いますよ・・・。ハイ。



追伸:途中、貴婦人になれるお店にも立ち寄ったわけですが、
次回女性友人達と一緒にこよう!という思いがあったことと、
本日の主賓であるめがねっちが頑として首を立てに振らなかったため断念しました
[PR]
by RinLingo | 2005-10-23 23:50 | 旅すること